ネクストライフてるまさ -アパート、マンション、店舗、事務所のお部屋探しや土地、建物、中古住宅を売買したいお客様、私たちが幸せ探しをお手伝いいたします

Array
(
)
トップページ » 住宅購入のながれ

住宅購入のながれ

ステップ1 資金計画を立てる

住宅を購入する場合は、さまざまな費用が必要になってきます。おおよそ購入価格の5%~8%くらいが目安になります。購入の金額にもよりますが、借り入れの方法などにも左右されますのでしっかりと資金計画を立てる必要があります。
ご自身が求める住宅がどれくらいのお金が必要なのか?とても重要なことだと思いますよ。どうしても買いたいと思った物件が予算オーバーなんて・・・イヤですよね!
購入可能金額の算出、概算の諸経費などなどきちんと計画しましょう。

ステップ2 物件情報を集める

住宅を購入する際、一番時間もかかるのが、物件の収集ですよね。不動産会社をまわって紹介してもらうのが一般的ですが、なかなかご希望の物件に出会えるのはないのが普通だと思います。ですから、いろんな媒体を活用しながら、1件でも多くの物件情報を集めて、ご家族会議するのも手だと思いますよ。どうしても譲れない条件に的を絞り込むと良いでしょう。
条件が多くなると、実は良い物件だと思っていたのに・・・「もっと良い物件を・・・もう少し探してみようかな」など優柔不断に陥る場合も少なくありません。そういう時に限って物件が売れてしまっていたりと・・・チャンスを自ら逃してしまいます。

[業者選びのポイント]

  1. 宅地建物取引業免許番号の表示
  2. 団体への加盟状況・・・(社)沖縄県宅地建物取引業協会など

ステップ3 収集した物件を見学する

現地を見学することは重要なことです。物件をご覧になるときは、できるだけ詳しく確認しましょう。ご家族で見学されるのをおすすめ致します。方位など沖縄ではユタなど気になさる場合は、申し込みの前に事前に確認が必要だと思いますよ。

ステップ4 買付け申し込みをする

購入したい物件が決まったら、業者に申し込みをします。買い付け又は購入申込書の用紙に必要事項を記載して提出します。
場合によっては、申込金 (平均5万円程)を支払う場合もあります。
業者は、申し込みを受けた時点で、契約のために条件の調整を行います。

ステップ5 売買契約締結

まず、契約を交わす前に「重要事項説明書」を宅地建物取引主任者が主任者証を提示し、物件に関わる重要な事項の説明をします。その際、疑問に思った点は遠慮なく聞いておきましょう。
通常「不動産売買契約書」を用いて契約を締結します。契約書の記載内容については、事前に確認しておいた方が契約当日スムーズにすみます。契約の際には、売主・買主の署名捺印をし、買主が、手付金を支払い、契約成立となります。

ステップ6 住宅ローン申し込み

1:公的融資

沖縄金融公庫・・・金利が低いのがメリットです。しかも固定金利です。その他利点も多いのですが、つなぎ融資が必要になるときがあります。
年金住宅・・・対象者が限られています(厚生年金保険・国民年金の加入者)
財形住宅・・・対象者が限られています(財形貯蓄をしている方)

2:民間融資

民間の金融機関(銀行・信用金庫)が、行う融資です。
各期間の規定に基づいて行っていきますので、金利や融資金額(限度額)また、返済方法なども異なっています。
公的融資より、融資の条件がゆるいのがメリットかな?と思います。

※ローンを利用する場合は、事前に必要書類などをチェックしておくと良いでしょう。・・・結構ありますよ!

ステップ7 決済(残金支払)・物件引渡し

無事、ローンの手続きが完了し、いよいよ決済です。決済とは?・・・高額を扱いますので、取引先の銀行で行うことが多くあります。
前に契約した、売買代金の残額を支払い、売主から買主へ所有権移転の手続きを同時に行います。この場合、司法書士も同席して頂きます。
建物がある場合には、カギの受け取りを行います。
後日、司法書士の方から登記済権利証を受け取ることになります。

ステップ8 引越し

入居