ネクストライフてるまさ -アパート、マンション、店舗、事務所のお部屋探しや土地、建物、中古住宅を売買したいお客様、私たちが幸せ探しをお手伝いいたします

Array
(
)
トップページ » 売却のながれ

売却のながれ

ステップ1 売却依頼(相談)

不動産売却をご相談される場合、特に気をつけて頂く点は不動産売却の際でも諸費用がかかるということです。基本的には、税金・印紙代・仲介手数料・登記代金です。
ですから、売却金額から上記の費用を差し引いた金額が手取り額ということになります。
また、税金についてはいろんな特例がありますので、必ず専門家または不動産業者で確認してもらうのがよいでしょう。

ステップ2 調査(査定)

調査・査定に関しては、通常不動産会社に一任して、お客様は査定結果を待つのみ・・・と考えがちですが、事前に新聞やチラシ、インターネットなどの媒体を確認しておいた方がよろしいでしょう。
よく、「相場」といいますが「相場」と「売れる価格」とはかけはなれた金額の場合も多々あります。
あくまでも、相場は目安にすぎませんので実際に売却(取引)されている金額を確認することをお勧めします。

ステップ3 媒介契約

媒介契約には、3パターンあります。

  1. 専属専任媒介契約

    特定の不動産会社に売却の依頼をし、その他の不動産会社への依頼はできません。また、依頼主自身が買主 (購入希望者) を探すことができません。

    特定の不動産会社は、依頼主に対して1週間に1回以上、売却に関わる活動の報告をすることが、義務付けられています。

  2. 専任媒介契約

    専属専任契約と同じく特定の不動産会社へのみ依頼できます。
    特定の不動産会社は、依頼主に対して2週間に1回以上、売却に関わる活動の報告をすることが義務付けられています。
    また、依頼主自身が購入希望者を探すことも可能です。

  3. 一般媒介契約

    複数の不動産会社に、売却の依頼ができます。
    また、依頼主自身が購入希望者を探すことができます。
    不動産会社に、活動内容の報告義務はありません。
    媒介契約をする場合は、専属専任または専任媒介契約が良いとおもいます。

    なぜなら、一般の場合は複数の業者に依頼している為、業者からの確認事項などに依頼主はそのつど対応することになります。専任専属・専任の場合は、不動産会社も特定(選んで頂いている)という面でも、販売活動にも磨きがかかり、また信頼関係もきづいていけると思います。

ステップ4 販売活動

販売活動については、だいたいの不動産業者は、情報誌・看板・新聞・チラシなどの媒体を使い分けています。
(有)照正興産は、南部エリアについては、定期的に折込チラシ、看板をメインに打ち出し致します。
もちろん、ホームページへの掲載も同時進行ですよ。
定期的(媒介契約に準じた)に販促活動の報告、反響報告、案内の報告などを行います。
必要があれば、連絡をし面談ということもあります。

ステップ5 購入希望者申し込み

申し込みの際には「買付け申込書」を準備してあり、購入希望者は署名捺印し5万円の申込金を納めて頂いています。
代金の支払い方法、契約に向けて、物件の最終確認を行います。

ステップ6 不動産売買契約

まず、契約を交わす前に「重要事項説明書」を宅地建物取引主任者が主任者証を提示し、物件に関わる重要な事項の説明をします。
その際、疑問に思った点は遠慮なく聞いておきましょう。
通常「不動産売買契約書」を用いて契約を締結します。契約書の記載内容については、事前に確認しておいた方が契約当日スムーズにすみます。
契約の際には、売主・買主の署名捺印をし、買主が手付金を支払い、契約成立となります。

ステップ7 決済(残金精算)・引越し

残代金を受領します。同時に物件の引渡しを行います。
中古住宅の場合は、決済の日までに引越しをしなければなりません。
抵当権が付いている物件については、抵当権の抹消を司法書士依頼します。

売買金(残金)を受け取り領収証を発行

関係書類があれば説明をし引き渡します。
住宅の場合は、カギの引渡しを行います。

諸費用の支払い(固定資産税の精算・仲介手数料の支払い)

その他必要な書類は事前に確認しておきましょう。